當前位置:首頁 > 新聞資訊 > 百科知識 > 正文
S136模具鋼高周波焼入をする品物で研磨シロが多いと何か問題ありますか?
來源:本站 編輯:管理員 更新時間:2019-10-16 點擊:326次

Q:S136模具鋼高周波焼入をする品物で研磨シロが多いと何か問題ありますか?

 

A:研磨シロが多いと考えられる問題は硬度不足が予想されます。

高周波焼入の硬化層の深さは通常、表面から1.0~2.0mm程度です。

また、その硬度は表面ほど高く內部に行くほど低下します。

 

ということは、研磨する部分は一番硬度が高い部分です。

その硬度が高い部分を多く研磨してしまうということは 完成品は硬度不足ということになるかもしれません。

浸炭焼入でも同じことが言えます

いくつか御提案できることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

网赚月入过万是真的吗 乐游彩票 19年网赚钱商机 支付宝网赚活动真实吗 网赚是不是骗子 吉林快3计划 四肖三期必開 2019灰色暴力网赚 山东十一运夺金开奖结果 上海快3走势图