當前位置:首頁 > 新聞資訊 > 百科知識 > 正文
SCM415,SCM435,SCM440の素材を調質後に加工して窒化をする予定です
來源:本站 編輯:管理員 更新時間:2019-10-16 點擊:264次

Q:SCM415,SCM435,SCM440の素材を調質後に加工して窒化をする予定です。調質時の注意事項を教えてください。

 

A:ご質問のSCM415,SCM435,SCM440の素材寸法はφ24x500mmで調質の指定硬度はHRC28-35とのことでした。

調質時の焼き戻し溫度は窒化の処理溫度の20~30℃以上で行なうことが必要とされています。

焼き戻し溫度 > 窒化の処理溫度

 

熱処理を依頼するときには、熱処理後の後工程に窒化処理があることを熱処理業者に伝えておくとトラブルを未然に防げることがあります。

 

S45CやSCM415,SCM435,SCM440は品物が大きいと極端に硬度が入りにくくなります(質量効果)。

この場合硬度重視で処理した場合、焼き戻し溫度を低くして硬度を調整することがあるかもしれません。

その後に窒化したときに

焼き戻し溫度 < 窒化の処理溫度

となり、窒化後の寸法変化になりトラブルの一因になる可能性があります。

 

いくつか御提案できることがあります。

江西快3 什么网赚最容易 广西快3 2019年网赚做什么好 北京两步彩走势图 2019网赚最好的项目 2019最好的网赚项目 58日付网赚联盟怎么样 国民彩票开户 吉林快3走势